自分の言葉で表現したい

ここはいろんな制約を取っ払って自由に呟く場 90%do-demoii話でもね

結局痔の病院に行くという

お尻の違和感は一週間近く続き

休みの昨日

よっこらしょと重い腰をあげた

はぁ…いくしかないか

黄門さまクリニックへ

嫌なんだよなぁ 

当たり前か

喜んで行くやつなどおらんわな

でもそんなこと言うてられへん

来週末は旅行も控えてるし

爆発したら辛いし

また注射勧められるんかなぁ

手術とか言われたらどうしよう

よからぬ妄想膨らませ

こんな時はろくな妄想しないのよ

下校早々の娘に
「お母さん、行ってくるでー」
「はい?どこに?」

いつものごとく主語がねー


「お尻見せに」


いやいやお尻見せに って

 そんな


でも娘は動じない


「また悪化したん?」

 「かもしれへんからいちおう」

「はーい」
いざ行くとなると

あら?心なしか違和感 減ったような
ま、いっか なんもなくても

それはそれで


きれいな受付のお姉さん「久しぶりですね」

私「え、ええ」

あんたに見せるわけじゃないのになんだか照れるなぁ

 問診書かされる

症状 『お尻の違和感』 よし簡潔にまとめたぜ!


ちょっと待つと呼ばれました


先生 私の顔見るなり

「早速診よか」

やだ先生相変わらずドライなんだから

挨拶もなしかい( ´艸`)

ふぅーこの瞬間 早く終わってくれ―――い


「??なんもないよ、きれいなもんやで」

「あーそうですか」

「なんもできてへんし

気のせいちゃうか 笑

念のため軟膏出しとくわ」


はい、おしまい

診察室滞在時間30秒

いつもこんな感じなのよ~
それにしても

気のせいって とほほ

気のせい… 

やらかしたな そうか気のせいか

あるある ははは

え?ほんまに?先生ちゃんと診てくれた?

確かに気にし過ぎたかもしれん

その答えは想定外やったけど

安心して帰ってきましたとさ

黄門さま体操は続行中

 

 f:id:chiimon:20190511122325j:image

 

 母ちゃん、こんな感じで診察受けたん?

遠い目をして